« 2008年3月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年6月29日 (日)

難病医療費助成の申請

今年もまた難病医療費助成の更新のための申請書
が届いた…毎年、この書類が届くたびに思うのだ
けれど…

病気の進行が遅くなる事はあっても治ることはな
いのだから、いったん難病医療費助成の対象と国
が認定したのならば、この病気の治療法が確立す
るまで自動更新するのが当たり前ではないだろう
か?

去年、国はパ-キンソン病の医療費助成を患者数
が増えたからという理由だけで、重症患者以外を
大幅に切り捨てるという、非人道的なことをしよ
うとしたが…結局、患者の猛反対と世論の反発に
より、この案を撤廃した。

とは言っても、今年の更新分まではOKだけれど
来年以降は白紙の状態なんです。

政治家の偉い?先生方は、どうして弱い立場の人
間ばかりいじめるのかな?こんなの政治じゃない
よ…3日前に、主治医の先生に診断書を書き込ん
でもらうために書類を持ってったんだけれども…

初めて先生が愚痴をこぼした…

どうやら今年から認定基準が少し厳しくなったよ
うである…もう、いいかげんにしてほしいな!!

もっとほかに無駄な物が一杯あるじゃないか!

いつまで無駄な道路を作るの?

そんな所に整備新幹線が必要なの?

数え上げたらきりがないよ!!

もう、ウンザリだ!!。。。

2008年6月26日 (木)

梅雨の合間

Dsc01077

リフォ-ム後、マ-坊の書斎から・・・

Dsc01076

紫陽花がとてもきれいです…

Dsc01073

人の心も、この花の様に皆、きれいだと

いいのにね…

Dsc01075

そしたら、もっと人に優しくなれるのに…

2008年6月21日 (土)

喜びと不安と怒り!!②

妹が一緒に会社を継いでくれることになり、ホッ
としたのもつかの間…今度はもっと大きな問題が
のしかかってきました。

もしかすると、会社の進む方向が左右されるかも
しれません…(心配…)

実はT○Sのたくさんの番組のCGをうちの会社
に発注してくれていたプロデュ-サ-の方が異動
になってしまったんです。彼とは、かれこれ20年
のお付き合いになるのですが…

彼が初めてデイレクタ-として番組を制作した時
の編集を担当したのがマ-坊だったんです。私よ
りひとまわりも若い彼とは、何故か気が合い…

これまでに彼と一緒に製作した番組はすべて高視
聴率をマ-クしました。そんな関係で、マ-坊が
編集マンとして現役を引退してからも、CGの制
作をすべてうちに回してくれていたんです。

彼にとっては今回の異動ははっきり言って出世で
す。頭のいい方なので、いつかこの日が来ること
は分かっていたのだけれど…

彼もうちの会社の事を気にしてくれていて、彼が
抜けた後のCG発注は今まで通りマ-坊の会社に
すべて発注する様に指示はだしてあるそうですが
…100%の保証は出来ないと言ってました。

ある意味、今後は他社との競合になるということ
です。でも、けっこうマ-坊のとこのCGは自分
で言うのも何だけど…技術力は高いので、他社と
の競合になっても負けないと信じています。

これからが正念場です!!

2008年6月13日 (金)

喜びと不安と怒り!!①

リフォ-ムが済み、我が家に戻って1ヶ月が
経ちました・・・なんか長いような短いような 
・・・とにかく疲れました!!(苦笑)

おかげさまで・・・
仕事の方も順調なのですが・・・ここにきて
大きな動きが二つありました。

一つは・・・

5年前にパニック発作で倒れてから、ずっと
マ-坊のかわりに会社を引っ張ってきてくれ
た父親から、そろそろ現役を引退させてほし
いと言われました・・・もうすぐ80歳になる父
に内心すまないと思いながらも・・・

果たしてまた昔のように社員を自分が束ね
ていけるのか?・・・

不安に思っている、そんな弱気なマ-坊に
妹が一緒にこの会社を継いでくれると、突然
言いだしたんです!

正直、驚きました!!

妹は現在、中学校の3年生の担任を受け持
っており、音楽の教師です。この子たちを来
年、送り出したら二人で会社をやるんだって
・・・今から休み返上で会社に来てCGの勉
強をしています。

とても頼りになる妹です!!マ-坊はいつ
も皆に助けられてばっかり・・・ゴメンね!!

でも、兄妹で会社を継ぐとは思ってもいなか
ったよ・・・

社員とも直ぐに仲良くなり、さすが学校の先
生だなと感心しました。これなら、何とかや
っていける!心の不安は、いつの間にか消
えていました。

そして、
二つ目の大きな動き・・・

これは、この次に書きたいと思います。

久しぶりに投稿したので、ちょっと疲れてし

まいました。ごめんなさい!!。。。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年8月 »