« 2011年7月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月19日 (日)

地震による影響は?

この地震の影響で、ただでさえ不景気なのに追い打ちをかける
ようにいろんな問題がでてきた…

まず、大地震のあった日はちょうどマ-坊の会社が担当してい
る1時間の番組が2本OA予定だったのがすべて地震関連の
ニュ-スに差し替わってしまいました。これは、しょうがない
事なんですが…おおきな災害が発生した時には報道部が電波を
独占する決まりになっているんです。

おかげで、この日のOA分はお蔵にはならなかったけどOAが
先延ばしになってしまい…さらに原発の放射能漏れなどで地震
関連の報道番組が何日も続いてしまい3月の売り上げとしては
過去最低を記録してしまった。

でも、いつも思うんだけれど…

こういうのってNHKの放送だけで十分じゃないのかな?
どのチャンネルまわしても同じ内容というのは…

これが、民放のかなしいところだね。

それと、もうひとつ大きな問題が…
今まで借りていたビルのオ-ナ-から重大なお願いが…

それは、この大地震で借りているビルが、かなりのダメ-ジを
受けていて…専門家に診断させた所、なるべく早くに耐震補強
をしなければ次に大きな地震が来た場合かなりヤバイらしく
テナントさんには申し訳ないのだけれど8月までに一旦立ち退
いて頂きたいという申し出があった。

工期は約1年かかるという…

     ハア~~~踏んだり蹴ったりである!

場所的には、ここが局の目の前で一番良かったのだけれど…
また引っ越しかい!!でも、引っ越しに掛る費用は当然オ-ナ
-の方で出して貰えるんだろうね?それに、CG関係の機材の
セッティング費用もばかにならないからなあ!…

これだけで、ざっと250万ぐらいはかかると思うよ!

大丈夫かな???…

でも、そんなことより一番大切な事は局のそば、家賃も今ぐら
いですぐに入れるビルを探すこと!!

その時は本当に見つかるのかどうか…とても不安でした。。。

2012年2月14日 (火)

3・11

東日本大震災からもうすぐ1年がたつ…
        あの時、皆さんは何をしていましたか?

        2011・3・11

その日、マ-坊の会社は休みだったんだけど、やり残していた
仕事があったので一人だけ出社したんだ。実はこの2日後の
3月13日がマ-坊の誕生日で、水泳仲間たちと新潟へ2泊3日
のスキ-旅行に行く予定だったんだ…

昼飯ぬきで頑張って仕事を終わらせ、2時30分に退社。
赤坂から赤坂見附まで歩き、地下鉄・有楽町線に乗るために半蔵

門線のホ-ム歩いていたときに、それは突然やってきた。

         2時50分頃

ウオ-クマンをして音楽を聴きながらホ-ムの端を歩いていたん

だけど、なぜか真っすぐに歩けない!血圧が高いのかなと思いな

がら立ち止まってみたものの状況は変わらない。
おかしいと思いながら、ふと周りを見渡してみると…若い女性、
数人がホ-ムの太い支柱にしがみついていた。
地面にしゃがんでいる人も。
 
   地震だ!

ウオ-クマンを切って、初めて周りのノイズが耳に入って来た。

『只今、大きな地震により東京メトロは全線でストップしてお
ります!詳しい事は分かり次第ご連絡申し上げます!」

ホ-ムには駅員さんのアナウンスが繰り返し響き渡っていた。

自分の体調が悪くて真っすぐに歩けないんじゃなくて、地震の
揺れで歩けないんだ。携帯の緊急地震速報は鳴りっぱなしだ!
地下にいてこんなに揺れるのは初めての経験だ。それにしても
揺れている時間がとても長かった。(2~3分)

とりあえず、有楽町線のホ-ムまで行ってみたが案の定
電車は動く気配は無かった。詳しい情報が入ってこず地上の
様子も分らなかったので、父の携帯に電話した。

『震源地は東北で震度7だって…東京も震度5で交通網は全部
 止ってるって今、ニュ-スでやってるね…』

この直後、携帯電話に規制がかかり連絡できなくなった。

とりあえず、ホ-ムのベンチで動き出すまで待っていようと
思ったのだけれど、余震と思われる大きな揺れが絶え間なく
続いた。そしてホ-ムのアナウンスが、

『業務連絡!業務連絡! ○番のエレベ-タ-でお客様が閉じ込

 められた模様…』

          マジかよ!!

『お客様に申し上げます!只今、地下鉄駅構内が危険との情報が
 入り…今すぐここから地上へ退避して下さい!なお、エスカ
 レ-タ-は止っておりますので誠に申し訳ございません!!』

         ホント!マジかよ!!

長いエスカレ-タ-を重たい足で登っていく…その間も大きな
余震が続き、生きた心地がしなかった。これが、ラッシュ時だ
ったらと思うとゾッとした。

それでも、何とか地上に出られたマ-坊は目の前の光景に愕然と

した。それは今までに経験したことのないものであった。

地上に出るとすぐにおおきな余震が永田町のオフィス街を襲った

地下にいるのと全然違う!地面が波打っているのがわかる。
そして高層ビル郡も横に大きくゆっくりと揺れているのがはっ
きり分った。まわりのあちこちで救急車や消防車のサイレンが
鳴り響いている。そんななか、警察と自衛隊の車が広い車道を
ブロックして拡声器で避難している人々に向って叫んでいた。

『歩道は大変危険です!上からの落下物の危険があるので車道
 を歩いてください!!』と、何度も繰り返していた。

マ-坊はとりあえず今の揺れが収まるまで屋根付きバス亭の鉄柱
に外人の男性と一緒にしがみついていた。
とりあえず、揺れが収まって来たところで車道に飛び出しビルの

無い方へと向かって歩きました。とにかく、タクシ-を捕まえる

しか手段は無かったのですが…これが全然つかまらない!

とにかく、このビル郡から離れるためにとにかく歩いた…途中、

黄色のヘルメットを被った大手の企業の社員達がゾロゾロと歩い

て近くの広場に避難していました。こんな光景、初めて見たよ!

1時間ぐらい歩いて四谷の駅の近くまで来たところで神様が手を
差し伸べてくれた。偶然にもマ-坊の10m先でタクシ-が客を
降ろすために停車したのである。
          
重い足を引きずりながら走り、タクシ-を確保!
ラジオのニュ-スで今回の地震の様子が分ってきた。
家族の安否が気になり携帯に電話するんだけど…全部ダメ。
通話が規制されていてつながらない…クソ!
緊急地震速報のCメ-ルのみ携帯が鳴っていた。

        タクシ-に乗ってから1時間…

ようやく家の電話につながり、妻と息子、猫のクロの無事が
確認できた。もちろん家も無事であった(昨年、耐震補強を
して全面リフォ-ム)したため…
しかし、一人だけまだ連絡の取れないのがいた。

            娘だ!!

この日は朝10時ごろに友達と一緒に新宿の高島屋へ買い物へ
出掛けたという…
携帯にタクシ-から連絡をするが、やはり通話規制がされた
ままで連絡が取れなかった…そうこうしているうちにマ-坊の
方が家に無事に着いた。約2時間30分かかってしまい痛い
出費だが後で会社の経費で落とせるから心配ない。

それよりも心配なのは娘だよ!

夜の7時ぐらいになってようやく娘から連絡が入った。
まだ新宿にいるという娘にバスでもタクシ-でもいいからとにか

く動いている交通機関を利用して帰って来いと言うしかなかった

結局、娘が帰って来たのは夜中の12時ごろでした。

次の日、会社の機材が心配でお昼頃に出社したんだけど…
借りている階が2階だった事もあり何とか無事でした。
ただこの赤坂という場所はビルとビルの間がほとんど
くっついている所が多く、地震の時、隣のビルとぶつかりあい
ゴンゴン鳴っていたそうです。中には斜めに傾いちゃったビル
もあったそうです。

結果的には3月13日のマ-坊の水泳仲間達とのスキ-旅行は
中止に…そして娘の早稲田大学の入学式も中止になりました。
でも、この地震で家族がケガもせず無事だったことがなにより
でした!
          

東日本大震災により亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り
申し上げます…

« 2011年7月 | トップページ | 2012年3月 »