« 第53回全日本新人選手権大会_初日 | トップページ | 2012年を振り返って_① »

2012年10月22日 (月)

第53回全日本新人選手権大会W4X+10連覇達成

早稲田大学漕艇部にとって今シ-ズン最後となる
第53回全日本新人選手権大会が終わりました。

Photo

10連覇のかかった女子W4X+ではポジションを漕手
からCoxに変更した娘の初デビュ-でもあった、
このレ-ス…ものすごいプレッシャ-があったと
思いますが…見事に優勝を飾り、先輩方が積み重
ねてきた連勝を10にしました。

2

また、男子も2連覇のかかったM8+で見事優勝を飾
り、男女ともにアベック優勝を果たしました!!
今回、このレ-スを応援して頂いた方みなさんに
お礼を申し上げます。

Photo_2

『ありがとうございました!!』…

これから、ビデオの編集を致しますので…どうい
うレ-ス内容だったのかを簡単にご説明したいと
思います。

10/19 W4X+は予選B組でのスタ-トでした。

これは、前日の夕方に組合せが決まったのですが
私は、あえて書かなかったのですが…この同じ組
に明治大学も入っていたのです。早稲田にとって
一番のライバルなんです…

私の胸騒ぎは当たってしまいました。

レ クル-          500m    2000m      Rank   Quality

2明治大学       1:51:54  7:33:15       1     Semi_Final
3今冶西高校B  2:09:90  8:56:59       4
4法政大学       1:54:58  7:42:29       3
5早稲田大学    1:52:70  7:37:73       2

早稲田は約4秒差をつけられて明治に負けてしま
い、20日の敗者復活戦に回されてしまいました。

予選の日は仕事の関係で行かれなかったのでこの
デ-タから判断するしかないのですが…
明らかにおかしいと思われる数字が目に飛び込んで
きました。

それは、スタ-トから500mのタイムです。いつもの
早稲田でしたら1:52:70などと言うラップは考えられ
ませんでした。もちろん、気象条件にもよりますが
相手も条件は同じです。

その夜に、娘にメ-ルで確認したのですが…

『皆、気持ちは100%だったけれど…自分たちの
漕ぎが出来なくてバタバタした感じだった…』

やはり、10連覇のかかったプレッシャ-だった
のか…しかし、娘のメ-ルの最後にはこんな事が
書かれていました。

『明日の敗者復活戦には応援に来なくていいよ!
タイム的に自分達より下のクル-だから、たぶん
最後は準決勝・決勝に疲れを残さないために後半
は軽くながしてしまうから…』

『それよりも、最終日の準決勝・決勝の応援に
来てくれた方が、明治・富山国際・早稲田の
デッドヒ-トが見られるよ!!』

驚きました!!

予選が終わった段階でみんなでじっくりと話し
合い、修正点が分かっているようでした。

最終日の準決勝・決勝のデ-タを最後に載せて
おきます。

   準決勝

レ クル-         500m    2000m      Rank   Quality

2早稲田大学    1:43:57  7:16:37       1      Final
3明治大学       1:45:38  7:16:46       2      Final
4加茂高校       1:47:70  7:19:91       3
5学習院大学    1:50:13  7:27:28       4

   決勝

レ クル-         500m    2000m      Rank   Quality

2法政大学        1:48:35  7:33:15       4    
3早稲田大学    1:45:30  7:11:19       1      Win
4明治大学         1:46:25  7:13:17       3
5富山国際大学  1:45:99  7:12:32       2

すごいです!!!

« 第53回全日本新人選手権大会_初日 | トップページ | 2012年を振り返って_① »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第53回全日本新人選手権大会W4X+10連覇達成:

« 第53回全日本新人選手権大会_初日 | トップページ | 2012年を振り返って_① »