« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月29日 (土)

2012年を振り返って_③

今年一年、いろいろな方との出会いがあり…水泳

仲間以外の友人もたくさん増えました。

中でも娘の早稲田大学漕艇部の保護者による親睦

会が、この夏のインカレと全日本選手権の時に2

回行われたのですが…出席させて頂いて本当に良

かったです。

いろんな職業の方々のお話も聞けて、楽しかった
なぁ~ 中には、自分が飲んでいるパ-キンソン

病のお薬を作っていらっしゃる製薬会社にお勤め

の方もいらして、驚きました。

また、みなさんとお会いしたいです!

今度は来年の春、第82回早慶レガッタ(隅田川

)のレ-ス後ですかね…(笑)

そして、この暮れに…You tubeにビデオ投稿して

いる『生きる力』にある方からコメントが届いて

いました。

このビデオは私が医者からパ-キンソン病と宣告

され、その日を境にこころを閉ざしてしまった私

に、ごとうやすゆきさんの詩が重い鎧を少しずつ

剥がしていってくれた。という内容のビデオでし

て…私と同じように、こころで苦しんでいる方に

、ごとう先生の詩を読んでもらいたい一心で作り

ました。

その『生きる力』に、ごとう先生から直接コメン

トが入っておりました。それも、私に対しての感

謝のメッセ-ジが…

先生!感謝しなければならないのは私の方なんで

すから…これからも、こころに響くいい作品を
たくさん書いて下さいね!!応援してます!!

ありがとうございました。

たぶん、この記事が今年最後の更新になると思い

ますが…

You tubeに『regattaへの道2012』を投稿したの

でご覧になりたい方はどうぞ…

http://youtu.be/CVXu6cmeTEs

ごとうやすゆきさんの著書の中に愛犬との一生を

つづりベストセラ-になった『ダメ犬グ-11年

+108日の物語』もおすすめです!!

それでは、皆様…良いお年を!!

2012年12月 9日 (日)

2012年を振り返って_②

2

私達、パ-キンソン病患者にとってips細胞
による再生医療はもっとも期待のおける治療法
です。その生みの親である、京大の中山教授が
ips細胞でノ-ベル賞を授与されました。

これで、パ-キンソン病に対する治療法の確立
が一気に加速するのは間違いないと思います。

慶應大学(医学部)岡野 教授はips細胞の
具体的な利用例と、そのメリットについて…
パ-キンソン病患者の皮膚からips細胞を作
り…さらにそれを脳の神経細胞に作り替えて、
およそ2週間培養すると細胞に異常が起こり…
つまり…

この病気が発症するメカニズムを直接観察でき
るわけなのです。そして、この異常な状態に
なってしまった細胞にいろんな薬を試す事が
できるんです!!

ようやくこの病気の治療法に光がさしてきた
そんな感じの一年だったかな…

2012年12月 3日 (月)

2012年を振り返って_①

一年が経つというのは本当に早いものですね…
もう、12月ですよ。
まずは、私のブログならびにココログ広場で
お知り合いになれた方々にお礼の意味を込めて
2Dの映像(FIX)を作ってみました。

Partygousei

(いつの日にか皆さんでお会いしたいですね)

W4x

(娘のレガッタへの応援…ありがとう!!)

私がお知り合いになられた方は今現在で121人
でした。ただ、今回の2D映像には皆様方全員
のキャラクタ-を合成する時間が無いために
一部の方のみとなったことをお許し下さい。

さて…
私がココログでブログなるものを始めてから
10年が経ちました。(途中2年間は休止)
当初は自分の病気に関してのエッセイが主で、
自分がビデオ編集した映像を一般に公開する
なんてことはしていませんでした…

娘が早稲田大学漕艇部に入部して、隅田川での
早慶レガッタを初めて見たときマジ、こいつら
スゲ~と思いました。この感動を一人でも多く
の方に伝えたくてビデオ編集した映像を一般に
公開する事にいたしました。

今、思うと…春・夏・秋と、この冬以外は全て
レガッタのブログだったような気がします。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »