« 2013年8月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年12月17日 (火)

病気の進行・・・

昨年の暮れから

体の動きが鈍くなった事・・・

薬の効いている時間が短くなっている
のがはっきりと自覚できる事・・・

からだ全体に力が入らず、手足のふるえ
が目立ち、ひどいときにはイスから立ち
上がるのもままならず・・・

右足の筋固縮が進み坐骨神経痛になって
しまい、痛みで歩きづらくなった事など

今、現在の辛い症状を全て主治医のY先生
にお話しました。

その結果、やはり増薬ということに・・・

でも、これは先生も予期していた事だっ
たようで・・・

変更になったのは、

Lドパ(メネシット100)
1日3.5錠が1日4.5錠に変更。

ド-パミンアゴニスト(レキップ錠2mg)
が新薬レキップCR錠6mg)に変更。

パーキンソン病に関しては以上の薬の
変更で様子を見てみましょうというこ
とになったのですが・・・

坐骨神経痛の痛みの原因はヘルニアでは
ないかということでMRIの検査の予約をと
り、13日の日に検査をしてきました。

24日の日に病院に行きますので、その時
に詳しいことは・・・

あ~~~~~~~~~辛い!!

« 2013年8月 | トップページ | 2014年3月 »